就職活動中に勉強になったこと

私が就職活動中に勉強になったなと感じたことは、社会人になるために必要なことは当たり前のことだけど何よりも難しいということです。例えば、日常生活の中で毎日ハキハキと明るく話すことが社会人になるにはすごく大切なことだという事を勉強しました。そしてそれは当たり前のように思えますが、実践するにはとても難しいもので、引っ込み思案や人見知りなど事情を持った人には最も難しい事だと思います。私は昔から引っ込み思案で、人見知りで、声が小さいです。だから就職活動にはとても苦労しました。毎日のようにできない自分に絶望して泣いていました。就職活動を終えて私が最も勉強になり、これからに生かしたいと思った事はもう1つあります。それは運動部に入っているか、日頃からクラスの中でも自ら発表するような明るい人間になる事です。どの企業も求めているのが、明るくて声が大きくて笑顔で自分の意見を持っている人です。どこの企業も必ず求めている内容ですが、出来る人にはできて出来ない人には努力しないと出来ないという、当たり前で難しい事です。このような事が苦手な人にとったら就職活動なんて辞めたいと思うほど苦しい事だけど何事もやはり努力から始まります。今から就職活動をする人は頑張ってほしいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ